上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
その時は突然きた。
3月11日朝から買い物をして散歩していつものように最近お約束の「タルジャさん」を寝ころんで観ていた。
グラグラグラ~「あっ地震だ」・・・と思ったらあららあららと大きくなり
ちょっとパニックになった私はリビングのテレビを押さえ、違う違うと今度はキッチンの食器棚、それから自分の部屋のテレビ。
違います。正解は玄関のドア。
グラグラ揺れている中を玄関のドアをあけストッパーをかけてもまだ揺れている。
ネネに電話!でもかからない。
震えているムギを抱えながらちょいパニックになりながらネネへの発信を続ける・・・。
どこからどこまでが1つの地震の切れ目かわからないような中メールが着た。大丈夫?・・・と一言。
あっ!あぁ~メールを忘れてた!メールは届くのね。
震える手でネネや親兄妹に連絡。
暫くすると少しずつ返信が・・・。
妹はインフルエンザで発熱中の娘とワンコを抱いて公園へ避難したらしい。
確かに妹の家は昭和を感じるレトロなマンション
沢山の置物が散乱して割れて大変なことになっているらしい。

最初の地震から1時間半やっとネネから電話がきた。
ライフラインの1つのネネの会社はきっと大変なことになってたのね。
でも一安心

2時間後少し余震がおさまってきた5時。都内に向けて車を出した。
電車が止まってしまったので帰れないだろうネネ。大丈夫。だと一言しか返信がなくどこにいるかわからない母親。そして自分も熱が上がってインフルエンザであろう妹。
違う・・・。私が独りがコワイ。ムギは震えが止まらずオシッコも出来ないでいた。

家を出た時点で渋滞。でもここら辺は混むポイントだから・・・と思ったが甘かった
大渋滞。歩いている人にどんどん抜かされていく。
帰宅難民の人が沢山歩いている。
途中トイレ休憩をはさみ日付が変わるころ吾妻橋交番でうちの帰宅難民の母に落ち会えた。
唯一動いていた都バスを乗りついで帰るつもりがやっと乗り継いだバスで気分が悪くなり知らない場所で降りたらしい。電話で居場所がわかったからいいものこれじゃあホントの帰宅難民だよねぇ。

母を車に乗せた所に兄の車が到着。兄も向かっていたのね。間に合ってよかった。
母を兄の車に移しここからネネの会社はもうすぐ。
ネネの会社に着いたのは深夜1時。8時間かかった

ネネを乗せて妹、ルルを乗せてもいいようにちょっと遠回りしながら連絡。
パパが帰ったなら大丈夫。

このちょっとの遠回りが良かったらしく帰りは6時間。14時間の旅。家に着いたのは日がガッツリ昇った朝7時
兄貴は壊れた道路にはまって私より時間がかかってたみたい

東京タワーの先っぽは曲がっちゃったみたいだね。
スカイツリーは何事もなかったみたいにキラキラ輝いていたよ





スポンサーサイト

2011.03.13 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。